第1回BCP訓練

吉田建設はH26年2月にBCP(事業継続計画)に認定されました。

BCPとは万が一の火災や大地震の際、会社の機能を早期復旧させ、迅速な営業再開を目指したり、行政や関連企業と連携しインフラの早期復旧を目指す計画です。

今回の練習は「鳥取市で震度6強の地震が発生」との想定で訓練をしました。

そこで
①各現場の作業員に「安否確認メール」を発送
②各現場から本社に帰社
③本社に帰社後、今回の訓練の反省、非常食と非常用備品の確認等を行いました。

消火器を実際に使用し、消火訓練を行いました。

本社にはAEDと消火器を設置しています。
車両、各現場事務所にも消火器とAEDを備えてあります。

自然災害はいつおこっても不思議ではありません。
万が一の事態に備え定期的に訓練を実施し、非常時の対策の重要性を再確認しました。